KOJI TRAVEL

We are here , We are one ,

Archive List for リサーチ

第1~3次産業革命

第一次 産業革命 機械的なイノベーションで蒸気機関や綿紡績、鉄道を発明第二次 では 組み立てラインと電動化により大量生産が可能に 第三次 デジタル革命と呼ばれる産業革命 コンピューターによるイノベーシ ョン 1・2・3はいづれも資本が重要要因でした。  

学校制度と工場

国のためによりいい人材を育てるために、それはまるで工場のシステムのように年齢で分けられた学年やクラスで分類し カリキュラムという名の計画的に考えられた知識を植え付け 次の生産工程に受け渡すことができるのか 何度も検品という名のテストを行うと 立派な商品が出来上がったら会社への納品。

狩猟時代から資本主義社会まで

狩猟時代 農耕 6世頃ヨーロッパを中心として封建主義 領土主と家来 プロテスタントの教育 将来への投資 服従が中心 丸暗記する勉強法 産業革命がおき資本主義 国家が管理 資本家に好まれる有能な人材を育成することが求められた 政治家へ国家のため 17世紀の初め ドイツ 学校制度が誕生 初期は監視が中心 改心させること アウグスト・ヘルマン・フランケ 「学校の主たる目的は、子供たちの意思をくじき改心させることだ」

新型コロナワクチンである 『遺伝子ワクチン』は、 新型コロナウイルスの抗原部分の 遺伝情報 (mRNAもしくはDNA) が ワクチンの中に含まれていて、 まず、人体内で抗原をつくり、 次に、それに対する抗体をつくる というものです。

これに対する回答として、 ワクチン担当大臣 河野太郎氏のブログには、   ・mRNAワクチンには遺伝子組み換えの 技術は使われておらず、mRNAが ヒトの細胞の核に入ることもありません。   ・mRNAが核に入ったとしても、 逆転写酵素がないため、 DNAに組み込まれることはできません。   ・mRNAは細胞内の酵素で速やかに 分解されます。 mRNAがヒトの遺伝子に変化を起こす ことはありません。   と書かれていますが、 人体内でmRNAの逆転写が 起こり、新型コロナのDNAが 私たちのDNAに組み込まれる 可能性がある と明言されている専門家もいらっしゃいます。     ーーーーーーーーーーーーーーーーー                 【女医23人緊急誌上アンケート コロナワクチン接種しない医師の理由】             テレビではリスクについて ほとんど報道されませんが、   今回のワクチンは リスクが非常に高い です。     こちらの記事では、 このことについて書いています。   少し長いですが、 ぜひ最後まで読んでください。 […]

まず、従来のワクチンは、 ・弱毒化したウイルスを入れる  「生ワクチン」 ・感染力をなくしたウイルスを入れる  「不活化ワクチン」 ・ウイルスから毒素のみを取り出し無毒化した  「トキソイドワクチン」

まず、従来のワクチンは、 ・弱毒化したウイルスを入れる 「生ワクチン」 ・感染力をなくしたウイルスを入れる 「不活化ワクチン」 ・ウイルスから毒素のみを取り出し無毒化した 「トキソイドワクチン」 全てウイルスそのものであったり、 ウイルスや毒素の一部 (抗原) を 接種することでヒトの体内で抗体を つくらせるものです。 抗原はワクチンの中に含まれていて、 それに対する抗体を人体内でつくります。

真相に近づく

神社=日本書紀、国生み=神道(自然)霊=神道のルーツ=ユダヤ教(旧約聖書). 真言宗と天台宗のルーツ(仏教)=キリスト教 一世紀ごろ   ーーーーーーーーーー   神道の中に、うまく混ぜてる。 霊魂 自然 精霊 と 神話、国生み、 出雲大社、伊勢神宮=上手に取り込んだ、しかし二つが対立。   ーーーーーーーーーーーーー キリスト教 新約聖書  ・・・・・ ユダヤ教 旧約聖書   ・・・・・   対立。 どちらかが嘘。 だから対立。もしくは、どちらもない?ん、、、。 伊勢神宮と出雲大社も同じで対立。この中に、新参者の李家が入っている、3つの勢力が日本。加えて天皇家。   *神武天皇(じんむてんのう、庚午年 1月1日 – 神武天皇76年3月11日 )は、日本の初代天皇(在位:神武天皇元年1月1日 – 神武天皇76年3月11日 )。諱は彦火火出見 (ひこほほでみ)、あるいは狭野 (さの、さぬ)。『日本書紀』での名は神日本磐余彦天皇(かみやまといはあれびこのすめらみこと)   歴史をたどれば 伊勢神宮=天皇家       どちらに当てはまるか分からないが、 キリスト教(新約聖書)とユダヤ教(旧約聖書)は日本でいうところの、 出雲大社と伊勢神宮の二大勢力。 世界は日本の縮図説=合点がいく。逆もあり。     元伊勢=純粋な神道、源、   ということは、   キリスト教 新約聖書(旧約聖書を元にして作られた) ユダヤ教 旧約聖書 (旧約聖書の元は?) 元伊勢的なひっそりしているもの。限りなく源に近い。=手つかずの頃の世界。   人間登場してしばらくの世界。 人の数だけ心があり、その数に比例しエゴもある。 枝分かれ。 […]

前の日、気持ち悪さを訴える、翌日KOJI同じ症状、こういう時、そういうことや

思考 意地 いつまでも取り合わない。と気持ち悪くなる。 心に従わない。 なんやそれ。と心が気持ち悪くなりそれが胃に移り実際の感覚となって本人へ伝わる。 これは、日本昔話の「かたづけがすきなおばあさんが、汚いところが好きな神様から仕打ちをあたえられたとき、体がびりびりくる」これを同じ。     ーーーーーーーー   まさにこれだ。

大阪のデタラメ!市職員の5人以上の会食200件、千人以上参加の仰天「上司の強要、偽装工作」核心証言

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言が出た大阪。大阪市職員が3月1日から4月4日の間に5人以上での会食などを行っていたケースは200件以上、参加した職員は1000人を超えるなどデタラメな実態が明らかになった。  大阪市は3月1日、市内の飲食店に午後9時までの営業時間の短縮を求め、市民には「4人以下でのマスク会食」を呼びかけていた。しかし、3月末に大阪市の高齢施設課職員9人が飲食店で送別会を開催。別の部署でも5人で会食するなど合計で5人が新型コロナウイルス感染したことから、全職員を対象に調査していた。  大阪市の松井一郎市長は記者会見で「本当に申し訳ないと思う、皆さんに」と陳謝した。  大阪市の調査に対して、5人以上で飲食をしていたと回答した職員のAさんはこう話す。 「1週間ほど前に聞かれました。本当のことを話すか悩みましたが、参加者は複数いて、誰かが真実をしゃべるとウソつきになると思って正直に答えました」  Aさんのいる部署で送別会が開催されたのは、3月末のこと。後に感染者を出し問題になった、高齢施設課の焼き肉店の送別会と同じ時期だった。 開催した理由について、Aさんはこう明かす。 「大阪市役所から離れた部署へ異動したり、退職する人もいたこと。コロナ禍でしばらくはゆっくりと話せないし、時間内で飲もうという話になったのは3月中旬でした。聞けば、他の部署でも送別会を10人くらいでやっているとも入ってきた。バレなければいいんじゃないかと居酒屋を予約しました」  だが、時短営業で夜は9時まで。多人数で予約すると、目立つ。総勢9人だったというAさんの部署の宴会はどうやって場所を確保したのか。 「最初は13~14人が出席予定だった。そこで、居酒屋にまず4人で予約。別の人がもう4人を予約して、その後4人追加と連絡をして12人。居酒屋には2~3人追加になるかもと伝えていた」 「4人以下」と悟られないように「偽装工作」をしながら、予約したという。他の部署でも同じように予約していたそうだ。なぜ、そこまで無理して、こんな時期に送別会をするのか。 「大抵、どの部署でも懇親会費を毎月、数千円集めて、忘年会、送別会、暑気払いなどをやっています。しかし、昨年冬から新型コロナウイルス感染拡大し、忘年会もないし、暑気払いもダメ。お金が余って返金もとなった。だが、役所、役人の変な考えで、予算を余らせても仕方ないだろうと上司が音頭をとる。やっぱり、役所は上司の意向を部下は尊重しますからね。誰もその上司に意見する人はおらず、開催は決まった」  送別会の当日の写真をAさんは見せてくれた。当初の予定より参加者が減ったが少なくとも、9人の姿が写っていた。上司らしき人がマスクを外して、立って挨拶し、送別会がはじまると誰もマスクをせず、飲み食い、歓談をしている様子の写真もある。数枚の写真を見ると、夜9時20分頃のものもある。 「居酒屋もガラガラで、ちょっとくらい遅くなっていいですからと9時45分くらいまで店にいました。上司らは『次はカラオケだ』と言っていたが、さすがに今はダメですと周囲が止めていた。今のところ、参加者から感染者は出ていませんが、焼き肉店で送別会をやったグループからコロナが出たと聞き、ヤバいと冷や汗が出た」(Aさん)  大阪市職員から見れば、松井市長が一番の上司にあたる。なぜ、松井市長が繰り返し市民に呼び掛ける不要不急の外出や、マスク会食など、午後9時過ぎの飲食禁止などが思い浮かばなかったのか?小声で反省の弁をAさんはこう語る。 「個人的に言えば、長く飲みに行っておらず、みんないろいろと溜まっているものがあり、気がつけば午後9時でしたね。送別会では『もうワクチン接種するんだから少々飲んでいてもいいだろう』というとんでもない声もあった。久しぶりだったので、マスクなしでけっこう盛り上がって騒いだ。公務員なのに時間や人数も守れなくて恥ずかしい」  松井氏は4月23日の記者会見で「厳重に対処します、すべての人に」厳しい処分の意向を示している。(AERAdot.取材班)  

科学ジャーナリスト、日本消費者連盟顧問 天笠啓祐氏の記事

以下は科学ジャーナリスト、日本消費者連盟顧問 天笠啓祐氏の記事です。 初めての『人間の遺伝子組み換え』危険なワクチン、大規模契約の実態 政府は新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)ワクチンの確保に向けて動いてます。7月31日には米国ファイザー社との間で、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンについて、来年6月までに6000万人分の供給を受けることで基本的に合意したと発表しました。 8月7日には英国アストラゼネガ社との間でもウイルスベクター・ワクチンについて、来年初頭から1億2000万回分の供給を受けることで基本合意したと発表しました。 先進各国がワクチンの確保で競っていますが、日本も積極的に動いています。 まだワクチンそのものはできておらず、その有効性や安全性すらわからない段階での合意です。 政府は同時に、日本でのワクチン開発を支援しています。開発期間を短縮するため、基礎研究、動物実験、人間での臨床試験と、本来は段階を踏んで進めるべき開発に特例を設け、並行して進めてもよいとしました。日本独自の開発では、大阪大学と同大学発のベンチャー企業のアンジェス社、タカラバイオ社が組んで開発を進めているDNAワクチンや、第一三共が東京大学医科学研究所と組んで開発を進めているmRNAワクチンなどがあります。 ロシアで開発され、実用化一番乗りとされている「スプートニクⅤ」は、ウイルスベクター・ワクチンです。 『人間の遺伝子改造につながる』 このように、これまで見たことも聞いたこともない、ウイルスベクター・ワクチン、mRNAワクチン、DNAワクチンといった新しいワクチンが次々に登場しています。これら新型遺伝子ワクチンは、ワクチンそのものを使って人間に接種する従来のワクチンとは異なり、体内に遺伝子を入れワクチンの機能を持ったタンパク質(抗原)を作るようにします。これは「人間の遺伝子組み換え」です。とくに遺伝子が生殖細胞に移行すれば、人間の遺伝子改造につながります。 従来のワクチン開発は、通常は10年、最低4〜5年を必要とすることから時間を短縮できる新型遺伝子ワクチンへと、開発の方法が大きく変化したと言えます。しかし、人間の遺伝子組換えや、段階を経ずいきなり臨床実験を進めることは人体実験であり、ナチス・ドイツの経験を踏まえ先端医療における人体実験を禁止した、世界医師会によるヘルシンキ宣言(1964年)に違反する行為だと言えます。 有効性にも疑問があります。新型コロナの実像はわかっておらず、感染者でも急速に免疫反応が衰えるなど、多くの問題点が指摘されています。新型コロナはSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスの変化したものですが、先行して開発されてきたSARSワクチンが十数年たった現在も開発されていないのは、このウイルスの性質や振る舞いがいまだによくわかっていないことにあります。 ワクチンは人間の複雑な免疫システムに介入するため、このような無理な人体実験がアレルギーや過敏症、自己免疫疾患にもたらす危険性があります。もともとワクチン接種は社会防衛のために行われてきたものです。今回もオリンピックや経済活動のためであり、そのために行われる人間の遺伝子組み換え、人体実験だと言えます。